投資不動産とは-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

投資不動産とは


株で利益を確定して不動産投資を始めてみませんか?

不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンの投資です。
安定的な投資と言われてます!

不動産投資も含め基本的に全ての金融商品には「リスク」と「リターン」が存在し、これらはある程度比例すると一般的に言われています。

例えば株式投資と比べた場合に、不動産は価格が下落してしまったり、場合によっては地震などによって建物が倒壊してしまうリスクがありますが、短期間で大幅に価格が上下動する株式投資と比べてリスクは少なく、リターンも比較的に安定していると言われています。

一方でリスクが少ない金融商品の代表の預貯金と比べれば、不動産投資にはリスクがあるものの、預貯金よりは高いリターンを得ることができます。

このようなことから不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンの投資商品と一般的には言われていますので株式で利益の確定さた分を不動産へ転向するお客様が増えております。

年金不安を背景に、新たな資金運用先として注目されています。

不動産投資は、年金不安を背景に、新たな資金運用先として注目されています。

預貯金にほとんど利子が付かない低金利が続く中、株式投資や投資信託、FXなどで資産運用を行なう人が増えており、不動産投資もミドルリスク・ミドルリターンの資産運用の一つとして人気を集めています。

また、空室がない限り毎月安定的な収入を得ることができる不動産投資は、将来的な年金不安を補う「自分年金」に適しているとされ、退職金の運用先としても注目を浴びています。

このように不動産投資が一般化する中、金融機関も積極的に収益不動産を購入する方へ融資をしてくれますので、必ずしもまとまった自己資金を必要としないため、会社員を続けながら不動産投資を始める「普通のサラリーマン大家さん」も増えています。

毎月、安定的に得られる収入が最大のメリットです。

不動産投資のメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

● 毎月、安定収入が得られる
入居者がつけば、その入居者が退去するまでの間、一般的に2~4年は安定した収入が見込めます。
● 場合によっては売却益も
経済が成長し、再び土地が上昇することによって売却益が得られる可能性があります。
● 資金調達が容易に
自己資金が少なくても、投資する不動産およびそこから得られる収益を担保にお金を借りることが可能です。
  収益分配(配当)のサイクル 収益分配の見込み
株式投資 半年または1年に1度 会社業績による
不動産投資 毎月 入居者がいる限り安定的

リスクも知りましょう!

不動産投資のデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

■ 空室のリスク
空室期間が長引くと、予定していた賃料が得られず、投資計画に狂いが生じてしまいます。
過去1000件以上の投資物件を売買して来ました。その都度買主様と一緒に管理会社を探してきました。そのエリアごとに客付けに強い管理のご紹介も出来ます。
■ 災害のリスク
地震や火災により、建物が倒壊・消失してしまうリスクがあります。
オーナー様向けの火災保険もありますのでそれでカバーしましょう。
■ 資産価値・売却価格下落のリスク
日本経済が低迷し、土地が下落することによって資産としての価値が低くなってしまう可能性があります。
過去1000件以上の収益不動産の取引を各地で行ってきておりますので、経験からの的確なアドバイスが出来ます。
■ 流動性の低さ
現金が必要になったときに、株式に比べて不動産はすぐに現金化できません。
ある程度長期的な投資スタンスを持つことが大切です。
最短3日で買取も可能ですが、市場より安くなるので、、、あまりお勧めは致しません。
本当に困った時にはやり方は有ります。