令和時代の不動産投資は、どうなる事やら。-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

令和時代の不動産投資は、どうなる事やら。


平成も残りわずかとなり、令和の時代が来ます。
4月1日に新元号が発表され
いろいろと予想していたのが、なつかしく感じます。

仕事でも、契約書などを作っていると
引渡し日が「令和元年5月31日」となっているので
本当に、あと少しなんだと実感します。

お客様とも話していると
「平成から令和になると、収益物件はどうなりますかね?」
と、こんな話題が出ます。

最近では、収益物件の価格自体は下がっていて
昨年なんかより、良い物件が多くなっています。

でも融資があいかわらず、パッとしませんが
出している銀行は出しているし
買っている人は、買っています。

特にこの時期などは、連休前に
売りたい人や、買いたい人がおりますので
結果的に、取引が多くなります。

ですので、今週もかなり動きがあるので
買いたい人や、売りたい人はチャンスだと思います。

そして、今月が終わり5月になり
令和の時代が始まります。

令和になると、収益物件はどうなるのか?

正直言いまして、良くわかりませんが
きっとお祝いムードで融資も好転するのではないか
と、思っています。

このへんのところは、同じことが起こっていても
前向きに考えるのか、後ろ向きに考えるのか
の違いのような気がします。

でもせっかくなら
「新しいに時代になるので、これからすごく良くなるぞ!」
と勝手に考えて、ワクワクしながら仕事をやっております。

そして、携帯の待ち受け画面を
縁起の良い写真に変えた事もあり
本当に良い事ばかり起こります。

こんな感じで
「令和の不動産投資はかなり良い感じになる!」
と思っております。

それでは、平成、令和もかなりイイ感じのクリスティでは
不動産投資の相談を受付中です。