明日、新元号が発表されますが不動産投資への影響は?-不動産の収益物件や投資物件、収益不動産をお考えなら不動産投資情報サイト

明日、新元号が発表されますが不動産投資への影響は?


明日、ついに新元号が発表されます。

 

ちょうど1年前の3月31日は、上のように
所沢市のメットライフドームで開催された
5時間チームランに参加してました。

5時間走ると言っても11人のリレー方式なので
意外と楽かと思いきや、2キロのコースを全力で走り
さらに登り坂があったので結構ハードでした。


この時は新年号の事など、まったく考えず
ただただ、走っておりました。

あれから、ちょうど1年がたち
ついに明日、新元号の発表です。

何になるでしょうか?

ネットで予想を調べてみると
・安永とか
・安久とか
・永光など
が上位の予想で、漢字をみると縁起が良いですね。

安・永・光と言えば
「安心して、永く融資が組めて、光ある不動産投資のクリスティ」

こんな感じでしょうか。

私としては、縁起の良い感じの「漢字」なら
なんでもOKだと思います。

ところで、新元号になるとやっぱり思うのが
「平成」はひと昔まえの、元号になってしまう事です。

そして「昭和」に至ってはふた昔まえの元号です。
平成から数えて、ふた昔まえだと「大正」です。

大正に建てられた物件だと
さすがに、かなり古く感じます。

古いと言うか、歴史を感じます。
こう考えると、ふた昔まえってけっこう古いんですね。

元号が変わると「昭和」はふた昔まえになり
「大正」ほどは古臭く感じませんが
多少、古く感じます。

かと言って急に、昭和の物件が全然売れなくなったりは
しないと思いますが「平成のうちに売りたい」と言われた事はあります。

まあ、明日のお昼になれば新元号は決まっていますので
何になってもイイですが、銀行融資が良い方向になる事を願います。

それでは収益物件の事なら
安心して、永く融資が組めて、光ある不動産投資の
クリスティまで。