本日の「明日やろうは馬鹿野郎」、ゲストは司法書士のあやちゃん先生です。-不動産の収益物件や投資物件、収益不動産をお考えなら不動産投資情報サイト

本日の「明日やろうは馬鹿野郎」、ゲストは司法書士のあやちゃん先生です。


本日(3月2日)23:30分から、新川義忠の
FMラジオ「明日やろうは馬鹿野郎」の放送です。

 

今回のゲストはあやちゃん先生で有名な
司法書士の太田垣章子さんです。

太田垣さんは司法書士の仕事のかたわら
「家賃滞納という貧困」と言う本を出されております。

私はまだ読んでおりませんが、あやちゃん先生が
現場で見た、感じた事実が描かれております。

「滞納する人を擁護するわけではありません
ただ苦しくても助けてと言えない人がいること
どうかその人たちにどうしたの?って声かけてほしい
自己責任だと切り捨てないで。」

そんな思いが詰められているようです。

私も読んでみようと思いますが
皆さまも、ぜひ読んでみて下さい。

そのほか太田垣さんは
「賃貸トラブルを防ぐ、解決する安心ガイド」と
言う本もだしていたり、ブログもやっております。

それでは司法書士のゲストは、初なので
詳しくはラジオを聞いてからのお楽しみです。
ぜひお聞きください

【ラジオ紹介】
タイトル:新川義忠の明日やろうは馬鹿野郎!
2019年3月2日の23:30~23:59
市川うららFM 83.0MHz
(第1週と第3週の土曜日放送予定)

ところで、今回ゲストに関連してですが
賃貸経営で滞納は付き物です。

特にクリスティで仲介している物件や、管理している物件は
築古で駅からも遠いので、家賃も低く
滞納のリスクが高いです。

ここで家賃が低いのに
「なぜ、滞納リスクが高いのか?」
と思う方も多いと思います。

それは必ずではありませんが
家賃が低いアパートには
収入も低い方が多い傾向があるからです。

そのため、保証会社(滞納保証)に入居者が入っているか?
が重要です。保証会社とは、入居者が滞納した時に
連帯保証人として、家賃を払ってくれる会社です。

今は連帯保証人より、保証会社を
連帯保証人の代わりにするケースが多いです。

クリスティの管理で保証会社は
日本賃貸保証や全保連を使っています。
そして最近増えきているのは、カプコエージェシーです。

ここの保証がスゴイです。
それは「一棟まるごと家賃保証」言う商品があり
現在の入居者が連帯保証人も、
保証会社も加入していなくても、
これに切り替えると、その人まで滞納を保証してくれるのです。

詳しくここでは書きませんが、クリスティに
管理を頼めばこの商品が使えます。

こんな訳で収益物件の管理の事も
クリスティまでご相談下さい。

ちなみに管理戸数は約1300室で2月末の入居率は95%です。
しかも管理物件は、築古、駅遠がほとんどです。