アパート経営で、入居付けに困った時の対策は・・・。-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

アパート経営で、入居付けに困った時の対策は・・・。


いつもありがとうございます。
店長の近藤です。

2月、3月は賃貸の繁忙期です。
この時期に入居を逃すと
1年間、ずっと埋まらなかったりします。

そこで入居を決めるために
・家電付きで募集をする、とか
・初期費用を抑えたキャンペーンをやる、とか
・フリーレント長く付ける、とか
いろいろと、対策をします。

私も昔、入居を決めるために
上の写真のような家電を付けて
埋めた経験があります。

しかし、どこのアパートでも
家電を付ければ埋まる訳ではありあせん。

そこで、そのアパートやマンションや
その地域に合った、対策が必要です。

そして、入居者さん対する対策はもちろんですが
客付け会社さん対する対策も重要です。

まず入居者さんには
先ほどあげた対策が基本ですがエリアによって、
家電が良い場合や
フリーレントが良い場合や
初期費用の軽減が良い場合、などがあります。

これは、どうやって調べれば良いかと言いますと
単純に管理会社の人に聞いてしまえばいいのです。

私の場合も、管理会社の人に
「どうやったら埋まりますか?」と普通に聞きました。

すると「家電を付けて下さい」と言われました。
「テレビとかですか?」と聞くと
テレビは自分で買う人が多いので
「ガスコンロ、電子レンジ、洗濯機です」と言われました。

家電を付けて1週間もしないうちに
入居が決まりました。

家電を付ける前に、私は
「広告費を3ヶ月にするとか意味ありますか?」
と聞いたら「この地域は、あまり意味ないです」と言われました。

このように、その地域に合った対策が重要です。

この例とは逆ですが
札幌市などは、広告費3か月は
当たり前の地域もあります。
(現在も3か月かは、さだかではありませんが)

ちなみにクリスティには管理部あり
管理している物件の入居率は96%で
今月末には97%になる勢いです。
(物件数は200棟ぐらいです。)

そしてクリスティの管理している物件は
駅近、築浅はほとんど無く
ほとんが、築古、駅遠で、さらにユニットバスです。

それでは、不動産投資や管理の事ならクリスティまで。