収益物件には、たまに困った生き物が入ってきます。-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

収益物件には、たまに困った生き物が入ってきます。


不動産投資にはリスクが付き物です。

そのなかでも、今回は困った生き物の話しです。

 

まず思いつくのはシロアリです。

これは木造物件なら、どの物件でもありえます。

(↑被害で柱が無くなっています)

 

一般的にシロアリは、光や風を嫌い

湿気が多く、風通しの悪い場所を好みます。

 

そのため雨漏りしている箇所があると、そこに発生したり

空室期間が長いアパートの部屋や、誰も住んでいない空家など

いつの間にか、シロアリに喰われていたりします。

 

早期に発見すれば、被害も少なく

修繕費用も安く済みますが、長い間

気づかないと、多大な費用がかかる場合があります。

 

次の生き物としては、ネズミの被害です。

これはシロアリほど多くないと思いますが、たまにあります。

 

今までにお客様から2件ほど

ネズミの被害を聞きました。

 

ネズミの場合は駆除業者に頼むのが良いですが

根本的な原因を無くさないと

駆除しても、また入って来るそうです。

 

この原因とは、食べかすなどのゴミです。

 

つまりアパートの中で、ゴミ屋敷になっている部屋があったり

食べ物のゴミが、共用部によく落ちていたり。

 

この原因を改善する必要があり、これを無くせば

いずれ、ネズミがいなくなるそうです。

 

あと、最後の困った生き物はコウモリです。

これがアパートの屋根裏に入ってしまう事があります。

 

コウモリは「鳥獣管理保護法」で、殺したりしてはいけないため

基本的には、超音波や燻煙剤などで追い出すそうです。

そして追い出したら、侵入しそうな場所をふさぎます。

 

コウモリで困るのは、騒音とフン害です。

私のアパートも通路にコウモリの糞が落ちていて

屋根裏に住み着いているのが分かりました。

 

追い出すのに30万円程度かかりました。

 

このように、収益物件にはたまに

困った生き物が入ってきますが

出来る限り、事前に予防をしておきたいものです。

 

それに被害にあっても、基本的には

火災保険は使えません。

 

それでは収益物件の事なら

クリスティ&富士企画までご相談下さい。

 

 

ご相談を希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

相談内容のところに「投資相談希望」と入力して下さい。