このような特徴がある収益物件は、融資が出づらい傾向にあります。-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

このような特徴がある収益物件は、融資が出づらい傾向にあります。


不動産投資は融資が要です。

 

ですので融資が出やすい物件は

すぐ売れますが、出にくい物件はなかなか売れません。

 

では融資が出にくい物件とは、どういうものでしょうか。

 

一般的には違法建築物件です。

建ぺい率や容積率がオーバーしているなど。

 

または再建築不可。

接道が2m未満の場合が多いです。

このあたりは非常にわかりやすい特徴です。

 

しかし上記以外でも、出にくい特徴がある物件があります。

 

金融機関にもよりますが、まず海抜0メートル以下の

低い土地の物件も融資が出ない金融機関があります

または建物が傾いている物件も、出ないケースがあります

 

あとは自殺物件も出ないケースがあります。

 

基本的には、金融機関によって様々なので

一概にダメと言うわけではありませんが

毎回、確認が必要となります。

 

でも融資が出にくいと言う事は、相場よりも

安い事が多いので、そのような物件をねらっている

お客様にはおススメの特徴となります。

 

上記の特徴以外にも市街化調整区域や

接してい道路が、但し書き道路など

も融資が出にくい傾向にあります。

 

でも100%、融資が出ない訳ではなく

違法建築や再建築不可なら

ノンバンク系の融資が組める事が多いです。

 

また市街化調整区域などは、地元の信用金庫や

地方銀行で組めるケースが多いです。

 

それでは、収益物件の融資の相談なら

クリスティ&富士企画まで。

 

 

ご相談を希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

相談内容のところに「投資相談希望」と入力して下さい。