賃貸経営で、入居付けに困ったらコレをやってみましょう。-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

賃貸経営で、入居付けに困ったらコレをやってみましょう。


2022年も早いもので、もう3月となりました。

3月と言えば賃貸の繁忙期となります。

 

賃貸経営をしていて、空室があるなら

この時期に何とか埋めたいものです。

 

もし、この時期を逃してしまうと半年や1年間

ずっと空室になってしまう事もあります。

 

そのため管理会社には全力で頑張ってもらいたですし

オーナーとしても、できる限り入居者の要望には

応えて、入居してもらいたい所ではないでしょうか。

 

 

さて、収益物件を買って何もしないでも

勝手に埋まる物件もあると思いますが

多くの場合、ある程度の対策は必要です。

 

その代表的なもので思いつくのはフリーレントです。

または入居者の希望により、家具や家電を

プレゼントするもの良いと思います。

 

さらには、入居しやすくするために

初期費用を抑えたキャンペーンも

いいかも知れません。

 

ここまでは入居者のメリットを考えての対策ですが

客付け業者さんのメリットを考えるなら

やっぱり広告費を増やすのも良いです。

 

1ヶ月のところを、2ヶ月にするとか

さらには3ヶ月にするとか・・・。

 

このようにいくつかアイディアはありますが

地域によって、有効な場合と意味が無い場合があります。

 

例えば

私は栃木県小山市でアパートを持っていましたが

その時は、広告費を増やすよりは

家電やガスコンロを付けるのが有効でした。

 

また別の地域では、礼金や敷金を

ゼロにするのが有効な場合もありました。

 

地域によっては初期費用軽減プランが

上手くいく時もあります。

 

ここで言える事は、やみくもに対策をするのではなく

地域に合った対策をやると言う事です。

 

こんな感じで入居付けに困った時は

いろいろと試す事をおすすめします。

 

それでは不動産投資の事なら

クリスティ&富士企画までご相談ください。

 

 

ご相談を希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

相談内容のところに「投資相談希望」と入力して下さい。