賃貸経営をしていると、こんな事も注意が必要です。-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

賃貸経営をしていると、こんな事も注意が必要です。


まずはこの写真をご覧ください。

 

 

これは、ただのブロック塀の写真です。

 

でも白いものがあります。

 

これはおそらくブロック塀の高さが

120cm以上あり地震などで倒れたら危険なので

補強をしているのだと思います。

 

これは数年前に、地震でブロック塀が倒れ

小学生が亡くなってしまった事故をもとに

補強しているものだと思います。

 

また昨年には、八王子のアパートの階段が崩落して

住人が亡くなってしまう事故がありました。

これは建築会社のズサンな工事が原因です。

 

このように不動産投資で収益物件を買うと

想定外の事故が起きたりします。

 

これ以外にも中古の収益物件は

オーナーがしなくてはいけない点検や検査などを

やっていない事が多いです。

 

一般的には

・消防点検

・井戸や受水槽の水質検査

・エレベータの保守点検

など。

 

これらは、やる義務はありますが

やらなくても、特に何か言われる訳ではありません。

管理会社からも何にも言われないケースも多いです

 

でも言われないからと言って、やっていない為に

事故が起きた場合、大変な事になります。

 

ですので、アパート経営における基本的な

点検や検査はシッカリやる事をおすすめします。

 

それでは収益物件の管理運営の事なら

クリスティ&富士企画まで。

 

ご相談を希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

相談内容のところに「管理の相談希望」と入力して下さい。