収益物件の売却理由の真意とは?-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

収益物件の売却理由の真意とは?


当社は、収益物件専門の不動産会社です。

仲介しているのは主に中古の1棟アパートと

1棟マンションで、たまに戸建賃貸や区分マンションも扱います。

 

毎日、そのような物件をお客様に紹介したり

ネットからお問合せ頂きます。

 

そして、物件に関してお客様により

いろいろなご質問を頂く訳ですが

その中でも多いのが、売主様の売却理由です。

 

この質問に対して、売主様に直接聞いたり

発売元の不動産会社に聞いていると

多くの場合、「資産整理です」と言われます。

 

この答えは、もちろん正しいと思いますが

不動産を現金化する訳ですから

全ての売却案件は資産を整理していると言えます。

 

ですので、もう少し突っ込んだ質問をすると

このような答えが返ってきます。

 

1,高齢なので、相続に備えて不動産を現金化している

2,減価償却が終わるので不動産を現金化して、別の不動産を買う

3,お金に困っていて、不動産を現金化したい

 

だいたいこの3つの理由が多いです。

 

買う人としては3番の売却理由を期待して

指値交渉の、手がかりをつかみたいと思いますが

実際に多いのは2番です。

 

それに本当の理由が3番だとしても

任意売却や競売になる寸前でもない限り

わざわざ「お金に困っています!」と言う売主さんはいません。

 

このあたりをご理解して頂くとスムーズだと思いますし

自分が売る立場になって始めて「売却理由はなんですか」と言われても・・・。

 

特に無いので、とりあえず

「売却理由は資産整理」と言ってください。

と言う答えが返ってきます。

 

いかがでしょうか?売却理由には

こんな、売主様の真意がある訳です。

 

それでは収益物件の売却の事なら

クリスティ&富士企画まで。

 

 

ご相談を希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

相談内容のところに「来社相談希望」と入力して下さい。