駅遠、築古、ユニットバスの収益物件がなぜ埋まるのか?-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

駅遠、築古、ユニットバスの収益物件がなぜ埋まるのか?


当社は収益物件が専門の不動産会社です。

仲介している物件の多くは、駅近の新築などでは無く

駅遠で築古でユニットバスが多いです。

 

融資条件や利回りの関係から

このような物件を買うお客様が多いので

営業マンとしても、このような物件を紹介します。

 

しかし紹介していると、よくお客様から

ユニットバスだと入居付けに苦労するので

バストイレ別が良いと言われます。

 

確かにお客様の言う事はよくわかります。

 

私もお風呂とトイレが一緒のユニットバスより

バスとトイレが別のほうが良いです。

 

さらに言えば駅からも近く

築年数も新しい方が良いです。

 

しかし予算の関係で、すべての希望条件を

満たすのは難しいので、優先順位の高い条件を満たし

優先順位の低い条件は妥協して、部屋を決める訳です。

 

 

ここで話は変わりますが、当社には管理部があります。

約200棟で1400室ぐらい管理をしておりますが

その入居率は96%を超えています。

 

さらに言えば、管理している物件の

半分以上が、駅遠で築古でユニットバスの物件です。

でも入居率は96%以上なのです。

 

いかがでしょうか。

 

なぜこんなに埋まるかは、理由があります。

それは長年培った管理ノウハウがたっぷりあるからです。

それを知りたい方はぜひ当社の管理部長の中條(チュウジョウ)までご相談ください。

 

それでは収益物件の管理の事なら

クリスティ&富士企画まで。

 

 

(右側が管理部長の中條です。↑)

 

相談を希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

ご相談内容のところに「管理の相談希望」と入力して下さい。