収益物件を初めて買う時、何をどこまで確認すればいいのか?-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

収益物件を初めて買う時、何をどこまで確認すればいいのか?


不動産は高価な買い物です。

ですので、買う時は慎重になり

色々と確認したくなるのが当然だと思います。

 

例えば、

・どんな入居者が住んでいるのか

・入居期間は長いのか、短いのか

・家賃の滞納や遅れはないのか

・連帯保証人なのか、保証会社なのか、何も無しか

・敷金はあるのか、ないのか

などなど。

 

そのほかにも、ランニングコストや

過去の修繕履歴、売主様の売却理由など。

このあたりは、大体のお客様が質問してきます。

 

しかしお客様によっては

さらに細かい質問をしてくる事もあります。

 

ここで1つ注意点があります。

 

買いたい収益物件の疑問点や、質問が多い事は

良い事だと思いますが、場合によっては

売主様を心配させてしまう事があります。

 

どんな心配かと言いますと

「この人に売ってしまったら、あとから

色々とクレームを付けられるかも知れない・・・」

 

こんな事を考えて、その結果

「この人に売らないほうが良さそうだな」

となってしまう事があります。

 

ですので、たくさん質問をする時は

不動産会社の営業マンと相談しながら

上手く物件情報を引き出す事をお勧めします。

 

それでは収益物件の事なら

クリスティ&富士企画まで。

 

 

相談を希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

ご相談内容のところに「個別相談希望」と入力して下さい。