時期を誤って、収益物件を売却する前に・・・。-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

時期を誤って、収益物件を売却する前に・・・。


不動産には、相場があります。

 

例えば

築年数や、駅からの距離や、土地の大きさや

土地の形など、それらの良し悪しで決まります。

 

一般的には築年数は古いよりは

新しい方が良いに決まっています。

 

また土地も小さいよりは、大きい方が良いです。

これは、ごもっともな話です。

 

これに対して収益物件もある程度

決まっている相場があります。

 

一般の不動産と同じなのは、土地の大きさ、築年数などですが

これに「収益性」が入ってくるので、一般の不動産と

同じのようには、相場が決まりません。

 

つまり土地の大きさ、築年数、駅距離などと

「収益性」を加えた、複数の要素で実際の相場が決まってきます。

 

さらに収益物件の難しい所は、これにもう1つ

重要な要素があり、それによって相場がかなり変わります。

 

それはその時の融資状況です。

 

これらの全ての要素を含めて

売却相場が決まって来ます。

 

ですので、なんとなく収益物件を売り出すと思ったより

安い金額でしか売れなかったり、逆に複数の要素が

うまく組み合わさり、想像より高く売れたりします。

 

ですので、収益物件の売却をお考えなら一度

不動産投資専門の当社まで、ご相談ください。

色々な要素を総合的に考えて、売却のご提案ができると思います。

 

それでは収益物件の売却の事なら

クリスティ&富士企画まで

 

 

ご相談をご希望の方は下の申込フォームから

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

ご相談内容のところに「売却相談を希望」と入力して下さい。