収益物件でサブリースは良いのか、悪いのか?-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

収益物件でサブリースは良いのか、悪いのか?


収益物件を探していると

たまに「サブリース付き」の物があります。

 

サブリースとは不動産会社がアパート全室を借り上げ

オーナーに代わって入居者に貸す事です。

つまりアパートの家賃保証です。

 

近年では問題になった

「かぼちゃの馬車」がそれにあたります。

 

そのほかにも大東建託、レオパレスなどの

物件も基本的にはサブリースです。

 

サブリースはオーナーにとってみれば

空室があっても必ず家賃が入ってくるので

メリットのあるシステムです。

 

しかし一般的には満室収入の7~8割が

オーナーに入って来るので、普通に貸すより収入は減ります。

 

また数年に一度、保証家賃の見直しがあるので

当初の予想より少なくなるケースがあります。

 

さらには、かぼちゃの馬車のように

一括借上げをしている会社が

倒産するリスクもあります。

 

このため、その辺のリスクを

よく理解する必要があります。

 

あともう1つ注意点がありまして

レオパレスのサブリース物件に限っていえば

売買の後に、全室退去する事があります。

 

これはどうしてか?と言いますと

レオパレスのほうで、入居者を近くのレオパレス管理の

物件に移動させてしまからです。

 

ですので、このようなサブリース付き物件を

売買する時は細心の注意必要です。

 

それでは、収益物件の事なら

クリスティ&富士企画まで。

 

 

ご相談をご希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

ご相談内容のところに

「投資相談を希望」と入力して下さい。