収益物件にありがちな、井戸や浄化槽について。-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

収益物件にありがちな、井戸や浄化槽について。


私どもは主に1都6県にある

収益物件の仲介をしております。

 

その収益物件のライフラインですが

ガスはプロパンで、下水は浄化槽を使用

しているケースが非常に多いです。

 

ガスに関して言えば、都市ガスよりプロパンガスのほうが

燃料代が高いですが、給湯器の修理や交換を

無料でやってくれる事が多いのでプロパン物件がお勧めです。

 

下水に関しては、公共下水につながっているほうが

オーナーの費用負担が無いので良いです。

 

仮に下水が浄化槽だった場合、年4回の点検と

年1回の清掃が必要となり規模によりますが

年額で5万円~10万円程度かかります。

 

浄化槽のメリットとしては公共下水を使っていないので

一般的には、入居者さんの下水道料金がない事です。

(市町村によっては取られるケースもあります)

 

あと水道についても、公営水道の場合と

井戸水を使用している場合があり、この時

入居者は水道料金がかからないメリットがります。

 

とくに千葉県や茨城県は、現在も井戸水を

使用しているアパートが多いです。

 

井戸水のアパートの場合、くみ上げるポンプの

メンテナンスや、1年に1回の水質検査をする必要があります。

 

水質検査の結果、飲料水として「不適合」の判定が出る

ケースもありますので、売買する際は注意しましょう。

 

なお井戸水の水質検査は、誰でもできまして

所轄の保険所に行って専用の道具を借りて井戸水を取り

保健所に持っていけば10日ぐらいで結果が出ます。

 

それでは収益物件のライフラインの事なら

クリスティ&富士企画まで。

 

相談を希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

ご相談内容のところに「個別相談希望」と入力して下さい。