アパートローンと住宅ローンは、こんなに違います。(その2)-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

アパートローンと住宅ローンは、こんなに違います。(その2)


前回のアパートローンと住宅ローンの違い(その2)です。

 

まずは必要書類の違いです。

そろえる書類も住宅ローンとアパートローンは

ぜんぜん違います

 

住宅ローンだと、多くの場合は

源泉徴収票を1年分のみだと思います。

あとは住民票と印鑑証明ぐらいです。

 

一方、アパートローンの場合は

●源泉徴収票または確定申告を3年分

●全ての借り入れの返済予定表(車、住宅、リフォーム、学生時代の奨学金など)

●自己資金確認資料(預金通帳、有価証券、保険の解約返礼金など)

タンス預金などは一度、銀行に入金しないといけません。

 

取得しなくてはいけない書類もたくさんあります。

まず住民票、印鑑証明はもちろんですが

課税証明、住民税の納税証明、固定資産税の納税証明書。

ここまでは役所書類です。

 

全国に複数の不動産を持っている場合は

その市町村での、固定資産税の納税証明書を取る必要があります。

 

これを取るのは、カナリやっかいです。

 

あと所得税の納税証明書(その1、その2、その3の2)

これは所轄の税務署です。

 

「その3の2」ってなんだ?

と、よく思いました。

 

税金を延滞していると未納と出てしまうので

その場で税金を払ってから証明書をとります。

 

取る時期によって「納期未到来」と記載がありますが

これは言葉の通り、未納では無いので問題ありません。

 

さらに審査にかかる時間も違います。

 

住宅ローンは1、2日で事前審査の結果が出ます。

一方、アパートローンは2、3週間かかります。

 

コロナの影響で更に審査時間が

かかるケースが増えております。

 

しかし3月だけは銀行の決済期のため

急に早くなる事もあります。

つまりアパートローンは3月と9月はねらい目です。

 

それではアパートローンに関しては

投資専門の当社までご相談ください。

 

 

 

ご相談を希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

ご相談内容のところに

「来社相談希望、またはオンライン相談希望」と入力して下さい。