新型コロナの影響で、不動産投資はどうなったか?-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

新型コロナの影響で、不動産投資はどうなったか?


アメリカのトランプ大統領が

新型コロナウイルスに感染したようです。

 

テレビ討論会ではあんなに

元気だったのに、大統領でさえも

感染してしまうなんて、とても驚きです。

 

大統領選挙に、どう影響するか分かりませんが

トランプ大統領は意外と高齢なので

充分休養をとって、しっかり回復して頂きたいと思います。

 

 

さて、今回は新型コロナで不動産投資に

どう影響があったか、についてです。

 

一般的には、融資が出にくくなったり

入居が付きにくくなったり、退去が増えたりと

そんなイメージが多いと思います。

 

実際はどうかと言うと、外国の人が母国に帰ってしまい

夜逃げされた話は、いくつか聞きましたが

それ以外は、コロナと退去の関係は聞きません。

 

入居が付きにくい話に関しては

ほぼ無かったと思います。

 

次に融資についてですが

これは銀行により、マチマチです。

 

まず悪くなった金融機関としは

いままで8割融資だったのが7.5割や7割になったり

期間延長がやりにくくなったり。

 

コロナの影響で今後の担保評価が下がると想定している

金融機関がいくつかありました。

 

良くなった金融機関としては

エリアが微妙に広がってきたり、金利が下がったり

ここ数ヶ月で、積極的に融資を始めたり。

 

最後に物件価格ですが、コロナの影響で

上がりもせず、下がりもせず

ほとんど変化が無い状況です。

 

それでは不動産投資の事なら

クリスティ&富士企画まで。

 

最近は来社するお客様も増えてきましたが

オンライン相談もやってます。どちらでも対応しますので

希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

 

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

 

ご相談内容のところに

「来社相談、または、zoom相談希望」と入力して下さい。