希望していた収益物件と、実際に買った物件の「差」-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

希望していた収益物件と、実際に買った物件の「差」


いつもありがとうございます。

店長の近藤です。

 

クリスティに入社して13年がたちました。

 

入社した当時は、お問合せのお客様に対して

ファックスで販売図面を送るのが主流で

メールのお客様は、少なかった気がします。

 

またストリートビューも無かったので

ネット掲載するために毎日、収益物件の

写真を各地に撮りに行っていました。

 

わざわざ何時間もかけて現地まで

行っており、今考えるとビックリですが

昔はこのやり方が、当たり前でした。

 

今は色々と変わって、すっかり便利になり

13年間の変化を感じます。

 

あと13年もこの仕事をやっていると

色々なお客様に出会う訳ですが

そのなかで、ある傾向がある事に気付きます。

 

これは昔も今も、あまり変わりません。

 

それは「はじめに希望していた収益物件」と

「実際に買う収益物件」が違う人が多い事です。

 

例えば

・バストイレ別を希望していたのに、一緒の物件を買ったり

・近所で探していたのに、遠方で買ったり

・ファミリー物件を希望していたのに、単身用の物件を買ったり

など。

 

収益物件を買うには、融資を使う人が多いですが

その情報は銀行のホームページなどには、あまり詳しく出ていません。

 

そこで、実際に銀行行って相談すると

自分の希望して物件では、融資が組めない事がわかります。

 

結果的に融資が使える物件を、探すしかないので

希望していた収益物件と、実際に買った物件の

「差」が出てしまうのだと思います。

 

たとえ「差」が出たとしても

不動産投資の目的は、お金を増やす事だと思いますので

それが達成できれば問題は無いと思います。

 

でも、はじめての人は色々と分からない事や

不安な事があると思いますので、そんな時は

クリスティ&富士企画までご相談ください。

 

 

「zoom」を使ったオンライン相談もやってます。

希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

 

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

 

ご相談内容のところに

「〇月〇日〇〇時ごろzoom相談希望」と入力して下さい。