収益物件を買った後は、どのくらいの頻度で現地に行くべきか?-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

収益物件を買った後は、どのくらいの頻度で現地に行くべきか?


初めて不動産投資をやろうと思い

収益物件を探そうとすると、自宅の近くから

検索する方が多いと思います。

 

それは、自宅のそばのほうが

土地勘もあるし、何かあったら

すぐ現地に行けるからだと思います。

 

もちろん土地勘は

あるほうが良いに決まっています。

 

でも実際に買うと、頻繁に現地の様子を見に行く人と

まったく見に行かない人がおります。

 

あるオーナーさんは毎週か、2週間に1回ぐらい

自宅から2時間かけて現地の様子を見に行ったり

掃除をしに行っておりました。

 

また別のオーナーさんは、遠方のため物件の写真だけ見て

売買契約をして、それから1度も現地に行かず数年後に売却したそうです。

 

 

この2人のオーナーさんは両極端かも知れませんが

昨日の新川の動画のように、不動産投資は人それぞれなので

「自分らしい」やり方ならどっちでも良いと思います。

 

ちなみに新川の動画はこれです↓

 

 

さて私の場合は、全く現地に行かないタイプです。

それは家から遠いから行かない訳ではなく

管理会社に任せていて、信頼しているからです。

 

また、根本的には投資目的なので

入居が埋まっていて家賃がちゃんと入ってくれば

あまり気にならない性格です。

 

ある意味これが「自分らしさ」です。

 

でもこうして安心していられるのは

管理会社が入居をつけて、しっかり管理しているからです。

 

ですので、収益物件を買ってからの

管理会社選びは非常に重要です。

 

ちなみにクリスティ&富士企画の管理部の

入居率は約97%(2020年5月現在)です。

 

 

それでは不動産投資の事なら、クリスティ&富士企画まで。

 

最近は来社するお客様も増えてきましたが

オンライン相談もやってます。どちらでも対応しますので

希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

 

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

 

ご相談内容のところに

「来社相談、または、zoom相談希望」と入力して下さい。