投資物件はなぜ、バストイレの一緒が多いのか?-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

投資物件はなぜ、バストイレの一緒が多いのか?


私は仕事がら投資物件を紹介する時

お客様にどんなアパートを探しているか

諸条件を聞きます。

 

そのとき

・自宅から1時間以内で、とか

・駅から10分以内で、とか

・築20年以内で、とか

・利回り10%以上で、など

いろいろな条件を言われます。

 

そして上記以外でよく言われるのは

「バストイレ別の物件」です。

 

確かにバスとトイレは

別の方が良いに決まっていますし

広めのリビングなどがあれば、なお良いと思います。

 

 

しかし、その要望とは逆に投資物件は

バスとトイレが一緒のほうが、非常に多いです。

 

そして、2DKや3DKのファミリータイプより

単身用の1Kが非常に多いです。

 

この理由はなぜかと言いますと、収益性の問題です。

 

まずバストイレを一緒にした方が

同じ床面積の場合、部屋数を多くできます。

 

またファミリータイプより単身用のほうが

1室の面積が狭いので、多くの部屋数を確保できます。

 

 

例えば40㎡の面積を

20㎡の1Kを2室にするか?

40㎡の2DKを1室にするのか?

 

あるエリアの相場だと

1Kは3万円なので2室で6万円です。

2DKは1室で5万円です。

 

こんな訳で、投資物件は効率良く

収益をあげるため、バストイレ一緒が多いのです。

 

でもバストイレが一緒だからと言って

入居が決まらずあきが多いとか

アパート経営に失敗するとかは、または別の話となります。

 

それではアパート経営の事は

管理物件の入居率約97%(2020年5月現在)の

クリスティ&富士企画まで

 

 

最近は来社するお客様も増えてきましたが

オンライン相談もやってます。どちらでも対応しますので

希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

 

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

 

ご相談内容のところに

「来社相談、または、zoom相談希望」と入力して下さい。