近ごろの不動産投資の融資はピヨピヨか、モリモリか?-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

近ごろの不動産投資の融資はピヨピヨか、モリモリか?


6月に入り、収益物件の動きが活発になった事は

昨日、書きましたが融資はどうなのか?

 

それについてです。

 

私どもは投資専門の不動産会社なので

毎日、銀行の融資担当者と電話で話しております。

 

ちょっと前までは週イチで

来社してくれる銀行もありました。

 

 

しかしこんなご時世なので

銀行の方は来なくなりました。

 

あと、ご存知の方も多いと思いますが

毎週金曜日の20時から開催している

収益物件ライブでは、最新の融資状況をお話ししてます。

 

今回はその内容と重複しますが

ここで書きたいと思います。銀行名は仮名です。

 

 

(その1:ピヨピヨ銀行の場合)

クリスティでは相変わらず1番取引が多いです。

9割融資がメインです。非常事態宣言中は

審査に時間がかかりましたが、現在は問題なく審査をしてくれます。

築古でも長期融資(約20年ぐらい)が組めます。

金利は2%前半から3%ぐらいで、エリアは関東全域です。

 

 

 

(その2:ニコニコ銀行の場合)

物件価格の8割から10割融資、金利は2%~3%前後

築30年でも基本的には15年の融資が組めます。

非常事態宣言中でも、素早い融資実行をしてくれました。

12%以上あればフルローンが出る事もあります。埼玉県の郊外のエリアが強いです。

 

 

(その3:モリモリ銀行の場合)

物件価格の10割融資をやりますが、最近は少し審査が厳しめです。

自己資金が少ないと融資が否決になる事もあり。

金利は3%後半で融資期間は、古くても30年ぐらい出ます。

エリアは限定的で、東京から電車1時間ぐらいが目安となります。

路線価の評価を重要視します。

 

 

(その4:ゴーゴー銀行の場合)

コロナの影響で、今後は担保評価が下がると予想しており

審査が厳しめ傾向です。融資期間も大幅に短縮された事例もあり。

物件価格の8割融資までが基本でしたが、7割か7.5割になる傾向があります。

共同担保があれば全額融資も可能です。金利3%前後から4%前後です。期間25年から30年ぐらい。

 

 

(その5:ピカピカ銀行の場合)

以前は全国の物件を金利1%前後で10年から20年の融資をしておりました。

現在はコロナの影響により、中小企業融資を優先しているため

審査は通常の3倍の時間がかかると言われています。

 

 

今日はここまでです。

 

それでは収益物件の融資の事なら

クリスティ&富士企画まで。

 

「zoom」を使ったオンライン相談もやってます。

希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

 

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

 

ご相談内容のところに

「〇月〇日〇〇時ごろzoom相談希望」と入力して下さい。