収益不動産の契約書を読むのは、想像以上に大変でした。-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

収益不動産の契約書を読むのは、想像以上に大変でした。


最近、当社では密の状態を避けるため

個室ではなく、オープンスペースで契約業務をしております。

 

また重要事項を説明する担当者の前には

写真のような、アクリル板も設置して

新型コロナの予防対策をしております。

 

 

ちょっと前では、このような状態で契約する事は

考えにくかったですが、今ではスッカリ定着してきました。

 

 

さて、クリスティ&富士企画は

収益不動産が専門の会社です。

 

一般的に不動産会社は

自宅など、自分が住む家を買う時に

お世話になる人が多いと思います。

 

そのため、不動産の売買契約書は

住宅用に作ってある事が多いです。

 

でも収益不動産は、自分で住む訳ではなく入居者がいますので

賃貸契約の事から、退去があった場合の対応の事から色々と

買主様にお伝えする項目が多いです。

 

そのため売買契約の時は、通常の契約書の内容に加えて

「特約条項」と言う収益不動産ならではの追加事項が

すごく多くなります。

 

多くなると言う事は、読み上げる時間も長く

普通の不動産契約の倍ぐらい、時間がかかります。

 

でも、これはいつも事なので問題ありませんが

コロナ対策でマスクをしながら読むと

すごく息苦しく、非常に辛い事がわかりました。

 

契約はとても喜ばしい事ですが、書類を読むのは

想像以上に大変なので、契約用の

「しゃべりやすいマスク」があれば最高ですね。

 

 

それでは収益不動産の事ならクリスティ&富士企画まで。

「zoom」を使ったオンライン相談もやってますので

ご相談を希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

 

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

 

ご相談内容のところに

「〇月〇日〇〇時ごろzoom相談希望」と入力して下さい。

※ご希望日時について、出来る限り対応いたしますが

時間は10時から19時ぐらいでご指定いただくと助かります。