これはピンチか?チャンスか?近ごろの収益物件の動きについて。-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

これはピンチか?チャンスか?近ごろの収益物件の動きについて。


近ごろ、よく目にするのはこの看板です。

 

 

そうです。飲食店のテイクアウトです。

 

すごく増えていて、どこもかしこも

持ち帰りが出来るようになりました。

これは意外と便利です。

 

あの「いきなりステーキ」でも

持ち帰りが出来るようです。

 

 

この流れを受けて、私の家でも宅配ピザを頼む代わりに

テイクアウトで、ご飯を食べる事が増えました。

 

そしてテイクアウトを頼むのは、行った事のないお店や

気になっていたけど、入りにくいお店です。

 

そうする事により、新たな発見があり

コロナが収束してきたら、美味しかったお店に

行こうかと考えております。

 

こう考えると、コロナの影響で飲食店では

もの凄いピンチな状況だと思います。

 

でもこれに耐えつつ、テイクアウトや宅配の導入で

新規のお客様を獲得する、チャンスかもしれません。

このように、現状をどう考えるか重要だと思います。

 

 

さて、コロナの影響で収益物件も

動きが鈍くなっております。

 

例えば、通常なら2,3日で売れてしまう様な

優良物件が数週間たっても、売れていないのです。

 

また、契約予定で売止めになっていた優良物件が

1,2週間たつと再度、売りに出てきます。

 

なぜ契約がダメになったか、発売元の不動産会社に聞いてみると

・コロナの影響で、買う人が体調を崩したとか

・コロナの影響で、買う人が辞退を申し出てきたとか

・コロナの影響で、買う人の持株が値下がりし融資が組めなくなった

など。

 

この現象だけを考えれば、収益物件の売買はピンチです。

 

でもこのおかげで、いつもなら買う事のできない

優良物件が、買えるチャンスでもあります。

 

不動産投資においても、現状をどのように考えるのかは人それぞれですが

「いつまで待って、いつから動くのか」は重要だと思います。

 

今はじっと待っている人達が、いずれは

どこかのタイミングで、一気に動き出します。

 

そなったら、また激し競争が始まり

優良物件が買いにくくなります。

 

 

それでは収益物件を買いたい方は

出社は自粛しても物件紹介は自粛しない

クリスティ&富士企画まで。

 

「zoom」を使ったオンライン相談を開始しましたのでご相談を

希望の方は下の申込フォームからお申込みください。

 

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

 

ご相談内容のところに

「〇月〇日〇〇時ごろzoom相談希望」と入力して下さい。

※ご希望日時について、出来る限り対応いたしますが

時間は10時から19時ぐらいでご指定いただくと助かります。