収益物件の入居者が外国人のときは、これを使うと便利です。-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

収益物件の入居者が外国人のときは、これを使うと便利です。


クリスティは収益物件専門の

不動産会社です。

 

取引する物件は、郊外のアパートやマンションが多く

築後30年ぐらい経過している事が多いです。

 

そして収益物件を売るだけでなく

管理業務もやっております。

 

管理業務をやっていますのと

いろいろな問題がおこります。

 

例えば

近所からゴミの出し方のクレームや

隣同士や上下階での、音や騒音のトラブル

または、家賃の滞納など。

 

こんな事があると、入居者に電話をしたり

手紙を出して解決をします。

 

しかし、たまに外国の人が住んでいると

日本語が分からない場合があります。

 

そこで役立つのが「翻訳アプリ」です。

 

最近、車を止めてはいけない場所に

止める人がいたので「翻訳アプリ」を使って

英語で手紙を書いてみました。

 

Sato, how are you?

Christie manages the apartment.

You can no longer stop the car in the place so far.

Please stop the car at the location of the map in the future.

Thank you.

 

日本語に訳すと、下記となります。

 

「佐藤さん、お元気ですか。

アパートを管理しているクリスティです。

今までの場所には車を止める事はできなくなりました。

今後は地図の場所に車を止めてください。

よろしくお願いします。」

 

 

普通なら

「佐藤様、平素は弊社管理の建物に

お住まい頂き、誠に有難うございます。」

 

みたいな、難しい文章になりますが

英語なのでアメリカ人になり切って

軽い感じで書いてみました。

 

これが届いて、佐藤さんが理解してくれると良いのですが。

 

ちなみに、社長の新川がよくサーフトリップにいく

バリ島はインドネシア語なので、こんな感じになります。

 

Sato, bagaimana kabarmu?

Christie mengelola apartemen.

Anda tidak bisa lagi menghentikan mobil di tempat sejauh ini.

Tolong hentikan mobil di lokasi peta di masa depan.

Terima kasih

 

 

一度だけバリ島に行った事があるので

最後の一文のTerima kasih(テリマカシ)だけ理解できました。

 

それでは不動産投資の管理の事もクリスティ&富士企画まで。

ご相談を希望の方は0120-11-4530まで

電話を頂くか、この下をクリックして

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

「ご相談内容」のところに「来社相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。