収益物件を買うと、本当に節税できるのか?-クリスティは東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城をはじめ、全国の収益物件、投資物件、収益不動産を扱っております。

収益物件を買うと、本当に節税できるのか?


確定申告の時期となりましたが

みなさまは、もう提出しましたでしょか。

 

私はまだです。

 

なぜなら、今年は4月16日まで

提出期限が延長されたからです。

 

ですので、わずらわしい作業は

もう少し先延ばしにしようと思います。

 

きっと税務署も、この影響で

いつものこの時期より混雑が少ない事でしょう。

 

 

ところで、収益物件を買うと普通は

確定申告が必要となりますが、そもそも皆さまは

どんな目的で、不動産投資をしてますか。

 

よくお客様から聞くのは

・サイドビジネスや副収入のため

・老後の年金や資金を貯めるため

・生命保険の代わり

などです。

 

あと節税目的のお客様もおります。

 

たしかに収益物件を買うと

アパートの管理費、広告費、修繕費など

経費計上できます。

 

ローンで買っていれば金利も

特定の場合を除けば、経費計上できます。

 

しかしこれらは、実際に使っているお金で

不動産投資をしていなければ

使わなくてよかったお金です。

 

よって、節税とは少し違う感じがします。

 

でも減価償却は、実際に

お金を使っていないのに経費計上できます。

これは嬉しいし、まさに節税です。

 

この観点から、購入する時の

「建物代金が大きい物件を買いたい」とよく言われます。

 

これは正しいようですが、ちょっと考える必要があります。

 

それは減価償却をたくさん取ると

売却する時の利益が、大きくなりやすいので

利益が出た場合、税金が増えてしまいます。

 

ここまでを考えて、収益物件を買うのがベストですが

これは未来の事なので、予測が難しいです。

 

そのほか、税金の事はこの下の本が面白いです。

 

 

 

それでは収益物件の事ならクリスティ&富士企画まで。

ご相談を希望の方は0120-11-4530まで

電話を頂くか、この下をクリックして

https://www.christy.co.jp/consultation/form.php

「ご相談内容」のところに「来社相談を希望」とお書きのうえ、送信してください。